メニュー 店内外ツール 撮影 翻訳
2022.12.26

吟醸らーめん 久保田

京都の人気ラーメン店、「吟醸らーめん久保田」さまより、グランドメニューと店内外に掲示するツール類を一式の制作をご依頼いただきました。

吟醸らーめん久保田さまは、京都駅からのアクセスも良く、非常に美味しい味噌ベースのつけ麺と多彩な限定メニューを出すことで知られている、京都でも屈指の人気店なので、日本人の常連客はもちろんのこと、たくさんの外国人観光客が訪れるお店です。
そういった中、お店にくるお客様が食べ方や商品に含まれる食材などが分かりにくいせいで、様々の理由からトラブルになってしまうこともあったそうです。

それらを統括的に解決するために、わかりやすく魅力的でありながらも、お店のオペレーション的な問題を解決する、ツールやメニューをご提案させていただきました。

例えば、「つけ麺のおいしいお召し上がり方」POPもその一つ。そもそもつけ麺は海外ではメジャーな食べ物ではないので、つけ麺の食べ方がわからず、つけ麺のつけ汁を、麺にかけてしまって食べてしまうという出来事もしばしば。
出来る限りそうなる前に声掛けはされていたのですが、間に合わなかったり、コミュニケーションの難しさもあり、なかなか改善することが難しい悩みの一つであったそうです。
最終的に、このツールを作り、各席の目立つ部分に掲示した結果、つけ麺のつけ汁を、麺にかけてしまうことは激減し、その結果、外国の方にもつけ麺をおいしく楽しんでもらえるようになっています。

上記は一例ですが、お客様に喜んでいただくために、やり方は一つではありません。
オペレーションや商品が違えば、ベストな方法は変わるので、私たちは「自分たちにとってのベスト」ではなく、「そのお店やユーザーにとってのベスト」を考え続けることが、大切だと考えています。

ご相談だけでもお気軽に!